レポート

English Immersion Camp 2014 終了レポート

0

イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2014終了!

イングリッシュ・イマージョン・キャンプ(EIC)2014は、滋賀県守山市のホテル琵琶湖プラザをお借りし、8/2~8/5、8/7~8/12、8/13~8/16、8/18~8/23の4日程で実施をいたしました。

EIC 6 days/EIC 4 days 参加者361名、全員が卒業!

今年も公文式英語I1以上または英検4級以上の参加基準(コミュニケーションは、簡単な文を使ったやり取りが中心)のEIC 6 daysと公文式英語G2~H2学習者または英検5級の方向け(コミュニケーションは、単語レベルでのやり取りが中心)のEIC 4 daysをそれぞれ2回ずつ実施いたしました。そして、参加者361名、誰一人リタイヤすることなく卒業することができました!

世界の様々な国・地域の人たちが集うグローバルキャンプ!

17か国・地域出身(日本を含む)の関西在住の学生にEIC 4 days第1日程・EIC 6days第1日程、16か国・地域出身(日本を含む)の立命館アジア太平洋大学の学生にEIC 4 days第2日程・EIC 6days第2日程に協力していただきました。彼らのほとんどが英語を母国語としない人たちです。

 日本全国様々な都道府県から集った子どもたちは色々な国・地域出身のキャンプリーダーとの共同生活の中で、英語を使うことの楽しさを知るだけでなく、いろんな国・地域の人とつながり、本当の家族や兄弟のように仲良くなれることを体感し、子どもたちの視野は世界へと広がりました。

You can do it!!

English Immersion Camp(イングリッシュ・イマージョン・キャンプ)のImmersionは「どっぶり浸る」という意味で、その名の通り、キャンプ中は英語にどっぶり浸りますが、決して、日本語が禁止というわけではありません。

キャンプリーダーとのコミュニケーションは英語だけですが、キャンプリーダーに英語でうまく伝えられないとき、子どもたち同士で英語と日本語を使って協力し合い、キャンプリーダーへ自分たちが伝えたいことをなんとか伝えようとするシーンがあちらこちらで見られました。キャンプリーダーは言います。「Mistake is OK !! Try, Try !!」 「You can do it!」子どもたちはこの言葉に励まされながら、間違いを恐れず、英語でのコミュニケーションを楽しんでいました。

Take Action! ~ウェルダンポイント&ボトルキャッププロジェクト~

キャンプを自分たちのためだけに終わらせず、「何かに貢献するために行動しよう」ということで、今年もウェルダンポイントとペットボトルキャッププロジェクトというプログラムを実施しました。今年のウェルダンポイント5,278ポイントが集まり、キャンプ開催施設であるホテル琵琶湖プラザ様・伊豆研修センターを通じてこのポイントを換金してスリランカへの井戸建設や東北やネパールの被災地など支援を必要としているところに寄付いたします。 また、今年は大地震が起きたネパールの子どもたちにメッセージを書きました。キャンプリーダーを通じて現地の小学校などにメッセージを届ける予定です。 ペットボトルキャッププロジェクトでは、4キャンプ合計で23220個集まり、27人分のワクチンに変えることができました!

ウェルダンポイント

ペットボトルルキャッププロジェクト

0
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

これまでのEICレポート