活動をお選びください

English Immersion Camp

学生キャンプリーダーはどんな方ですか?
子どもが大好きで、英語でコミュニケーションをとることの楽しさ、自分の国・地域の文化などを教えてあげたいと心から思っている人たちです。このキャンプの主旨に賛同してくれた多くの学生の中から選考、採用、研修のプロセスを経てこのキャンプに臨みます。

アジア、オセアニア、アフリカ、ヨーロッパ、中東、北米、南米のいろいろな国・地域の人たちで、必ずしも英語を母国語としている方たちだけではありませんが、世界共通のコミュニケーション言語として英語を習得し、活用している人たちですので、英語を学ぶ子どもの気持ちも良く分かります。
スタッフはどんな方ですか?
スタッフ紹介ページをご覧ください
キャンプの間、全部英語で過ごすのですか?
すべてのプログラムで英語だけでのコミュニケーションに挑戦していただきます。英語だけでのコミュニケーションは、最初は緊張し、難しく感じるかもしれませんが、英語が使いたくなるように、キャンプリーダーが一生懸命聞いてくれ、話しかけてくれます。

ただし、日本語禁止ではありませんので、健康や安全に関わることについては必要に応じて日本語使います。また、子どもたち同士日本語で相談し、英語でキャンプリーダーに一生懸命伝えようとする姿もよく見られます。
一人で参加しても大丈夫ですか?
基本的な身のまわりのことが一人でできる方であれば、大丈夫です。子どもたち同士が仲良くなれるように、アクティビティやグループ活動等でサポートいたします。多くの方がお1人でのご参加です。
グループはどんなグループですか?
10名前後の子どもたちと、4名のキャンプリーダーで1グループとなり、8グループ作ります。
グループは、性別・学年・英語力や地域で分けられ、いろいろなお友達ができるようにグループを決めます。

English Immersion Day

インターネットを利用しないため申し込みがうまくいきません。
公文教育研究会グローバルネットワークチームに、直接ご連絡ください。
事前に準備・練習が必要ですか?
特にありません。グループリーダーがサポートします。お子さまのチャレンジを応援してあげてください。
EID中、保護者はどうしたらいいですか?
ご見学される場合は、午前中のセミナーとセットで検討ください。(お子さまの送迎のみも可能です)
参加費はいつ支払いますか?
お支払方法は最終案内で詳しくお伝えします。
(指定日までにオンラインでクレジット決済をお願いしています。不都合のある場合はグローバルネットワークチームへご相談ください。)
昼食はどんなものですか?
特に決まりはございません。お弁当が大半ですが、おにぎり・サンドイッチ・ハンバーガーなどを購入して参加されるケースもあります。
EID時間中にお子さま(参加者)が買いに行く時間はありませんので、必ずご持参ください。

Global Network Initiatives

GNIは毎年実施しますか。
毎年3月または4月に開催しています。前年の11月ごろにwebサイトでご案内いたします。
だれが参加できますか。
EIC参加者、キャンプリーダー、スタッフが集まります。
保護者・兄弟も参加できますか。
ご見学いただけます。プログラムによっては、保護者セミナーを実施する場合もあります。

EIC OBOG (EIC café)

だれが参加できますか。
中学生以上のEIC参加者です。小学生でも意欲があり、保護者の方の協力を得られる場合、ご相談ください。
日本全国で実施していますか。
将来的には各地に活動を広げていきたいですが、現在は関東と関西、2か所のグループが活動しています。

Study Tour (日本国内・海外)

Study Tourは毎年実施しますか。
不定期で実施しています。 開催が決定したらwebサイトでご案内いたします。
だれが参加できますか。
EIC参加者であれば年齢に制限はありません。キャンプリーダーもサポートしてくれます。
保護者・兄弟も参加できますか。
基本的にはEICOBOGの方への募集となりますが、定員に余裕がある場合、ご兄弟姉妹もご参加いただける場合があります。