レポート

イングリッシュイマージョンアワー(EIH)2022 11月レポート

6+

日時:2022年11月20日(日)

場所:オンライン(ZOOM)

イングリッシュイマージョンアワー(EIH)11月を実施しました。

11月20日(日)に公文の英語教材(GⅠ以上)を学ぶ3年生から6年生までの小学生56名がEIHに挑戦しました。当日は、3つの時間帯で計20グループに分かれ(1グループは生徒さん2~4人、グループリーダー2名で構成)様々な英語プログラムに挑戦しました。

アメリカ、インド、インドネシア、ガーナ、韓国、タイ、パキスタン、バングラディシュ、フィリピン、ベトナム、ミクロネシア、モザンピーク、ラオス出身のリーダーたちがファシリテーターとなり、出身国の文化を学びました。

子どもたちは今まで教材で習った単語や文をつかって、自分の名前や趣味、住んでいる地域を紹介して、グループリーダーの出身国を旅し、様々なクイズに挑戦しました。最後にはEIHの感想、EIH後にはどんな挑戦をしたいかを英語で発表しました。

アンケートより

参加者より

きんちょうしてうまく伝えられなかったし、伝えたい言葉の単語がわからなかったがグループリーダーの1人の方がインドネシアの方で、初めてインドネシアのことを知って、教えていただいたこと全てにとても興味をもった。単語だけでも楽しく会話出来るんだなぁと思ったが、文章で話せるようにしたいと思う。

(G1教材学習者)

英語を真似して言うこと もっと聞き取りたい、しゃべりたいと思った。公文で習った単語や文章が出てきたので理解することができたし、クイズ 自分を表現して、自己紹介ができた。先生が何と言っているかわからない時もあったので、それがわかるように、もっと英語を勉強して慣れていきたいと思います。英語の大切さがわかった。

(G2教材学習者)

英語を学習して、留学や旅行に行った時につかいたい。最終教材をめざしたい。英語を毎日勉強するのはとても大事だけど、その学んだ英語を実際に使うのも大事だと思った。

(H2教材学習者)

公文の教材をやっているから、相手に伝えたいことが英文で伝えられたし、単語力、物の答え方や説明の仕方が分かって役に立ったと思います。英語で少し面倒なことがあって苦手意識があったけど、授業を受けてからは楽しくて積極的に英語を学んで話したいと思いました。言葉の違いに不安があったけど、少し話をしていくと、慣れて楽しかった。色んな国の人と話したくなりました!

(I1教材学習者)

保護者より

知らない単語が多くてご迷惑をおかけしたと思いますが、リーダーの方が親切に教えてくれて感謝です。ありがとうございました!

終わった後は、いつも楽しかったと言ってくれます。人とのコミュニケーションもコロナの影響もあり少なくなってるのでとてもいい経験になっています。ベトナムの食文化も教えてもらい興味を持ったので、今度、食べに行きたいと思います。

前回とはちがい今回少し遠くで見守りながら参加しました。いつもリーダーさんの優しく温かい言葉がけで、答え方や質問が分からなくても何度もゆっくり質問を繰り返して頂きました。そのおかげで本人のやる気が引き出され、以前よりより積極的に話そうとする姿が見れました。

初めて知る国のこと、とても楽しそうに興味深く話をきいていました。今回が初めてだったため、とても緊張してましたが、後半は、楽しめていました。皆さんとても優しくて、少人数で安心して参加できたのが良かったです。そのグループの子どもたちに合わせた内容で進めて頂けて嬉しかったです。

EIHの次のステップとして挑戦してみよう!

EIHの次のステップを紹介しています。英語を使って楽しめる機会がたくさんありますので、さらに高い目標に向かってチャレンジしてみてね!

イングリッシュイマージョンアワー(EIH)2022 11月

開催日
2022年11月20日(日)
人数
56名
場所
オンライン(ZOOM)
主催
公文教育研究会 社長室 グローバルネットワークチーム
参加者
公文式教室で英語 G Ⅰ 以上を学習する小3~小6
6+
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

これまでのEIHレポート