レポート

イングリッシュイマージョンアワー(EIH)2022 9月レポート

7+

日時:2022年09月25日(日)

場所:オンライン(ZOOM)

イングリッシュイマージョンアワー(EIH)9月を実施しました。

9月25日(日)に公文の英語教材(GⅠ以上)を学ぶ3年生から6年生までの小学生80名がEIHに挑戦しました。当日は、3つの時間帯で計29グループに分かれ(1グループは生徒さん2~3人、グループリーダー2名で構成)様々な英語プログラムに挑戦しました。 

アメリカ、インドネシア、コートジボアール、タイ、中国、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、モンゴル出身のリーダーたちがファシリテーターとなり、出身国の文化を学びました。

子どもたちは今まで教材で習った単語や文をつかって、自分の名前や趣味、住んでいる地域を紹介して、グループリーダーの出身国を旅し、様々なクイズに挑戦しました。最後にはEIHの感想、EIH後にはどんな挑戦をしたいかを英語で発表しました。

ダイジェスト

YouTubeをご覧いただけない方は、こちらの動画(mp4)をご覧ください

ダイジェスト 2022年9月25日(日)
所要時間:約2分56秒

アンケートより

参加者より

日々のeペンシルでのヒアリングが役にたった。公文式英語教材で学んだ単語がたくさん使えた。住んでいるところが違っても英語を使って楽しくコミュ二ケーションがとれた。自分の英語力じゃまだまだたくさん学ぶ事がある事に気付いたし、英語はコミュニケーションをとれるすごい道具なんだと改めて知ることができた。

(J1教材学習者)

日ごろの公文の学習が受け答えの時に役に立った。今日は外国人の人と話して楽しかった。EIHに参加して、日本以外のいろいろな国の文化、人々、できごとにとても関心がもてました。

(G1教材学習者)

生きた英語を体験することができ、とても楽しかった。EIHをうけて、日常生活でもっと使いたくなりました。やっぱり英語をたくさん知っていて、それを使って話せると、とても便利だと思った。

(H2教材学習者)

保護者より

導入からきちんと担当してくださる方がいたこと、またセッションが始まった後の雰囲気作りがさすが公文という印象でした。子供もすぐに緊張が解け、主体的に参加できたようです。ありがとうございました。

初めて参加して、最初は緊張していたけれどそのうちに笑顔も見れて良い経験になったと思います。とてもスムーズな運営、子どもに合わせた声の掛け方など、子も親もとても満足できる内容でした。子どもに寄り添うリーダーたちに感謝です。

英会話のテンション、ペースについていかない(恥ずかしいそうで、テンションについていきません)子供ですが、対応してくださり感謝しています。

EIHの次のステップとして挑戦してみよう!

EIHの次のステップを紹介しています。英語を使って楽しめる機会がたくさんありますので、さらに高い目標に向かってチャレンジしてみてね!

イングリッシュイマージョンアワー(EIH)2022 9月

開催日
2022年09月25日(日)
人数
80名
場所
オンライン(ZOOM)
主催
公文教育研究会 社長室 グローバルネットワークチーム
参加者
公文式教室で英語 G Ⅰ 以上を学習する小3~小6
7+
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

これまでのEIHレポート